貯金、知人、資格、社会経験ほぼゼロからの石垣島移住。そして農業

ないちゃぬうび

ヨモギ

▼▽”ぽちっ”とすると励みになります!▽▼

ブログランキング・にほんブログ村へ

石垣島やまのうえん

フーチバー(ヨモギ)を山に植えた

手伝いで畑の草取りをしていると、大量のセンダングサに紛れてヨモギがちらほらと生えているのを確認。

「ヨモギは生命力が強いから厄介。」

生命力が強い=栽培が手軽
という解釈の末、やまのうえんに植えることにしました。

除草しながらヨモギを容器に移して苗とり完了。
勿論、無料。
むしろ除草作業の給料はもらえる。

大好きなヨモギ

小さい頃、祖母がヨモギ餅をよく作ってくれた。
そのなじみで、大人になってからもヨモギが好き。

餅を作ってみたり、お茶にしたり、もぐさを焚いてお香にしたり。
タバコに混ぜて吸っていた時期もあった。

石垣島では、ヤギ汁にフーチバーが欠かせない。

個人的に需要があるので育ててみようではないか。

早速、植えてみた

植える場所

今回植えた場所はこちら。
山・森感がすごい。
やまのうえんは写真に撮るとどこも同じ写真に見えてしまうのだけれど、ここは入り口の傍にある木が生えていないスペース。
本当はここに道具置き場を作る予定だったけど、角材やらを持って急斜面を登ることがどれだけ大変か、冷静に考えてプラン変更。

植える場所_除草後

まずは手で草を抜く。

シャベルで耕すやまのうえんでの農作業に必須のシャベルが登場。
耕運機が入らないのでシャベルで耕す。
山ゆえに太い木の根が縦横無尽に張っているので、避けながら耕す。
思った以上に根が多すぎたので、耕すのは植える列だけ。

ヨモギ定植あとは頂戴してきたヨモギを植えていく。
地面だけ映せば畑っぽい。

イノシシはヨモギを食べるのだろうか?

イノシシの糞

来客(イノシシ)の存在を確認した。
イノシシ猟ではいかに人間の生活臭を消すかが重要と言われるくらい臭いに敏感らしい。
まめに通っていると気配はないけど、2週間ほど山に来ないと糞やら地面を掘り起こした跡が確認できる。

お願いだから掘り起こさないで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックのご協力お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-石垣島やまのうえん
-,

Copyright© ないちゃぬうび , 2020 All Rights Reserved.