貯金、知人、資格、社会経験ほぼゼロからの石垣島移住。そして農業

ないちゃぬうび

自己紹介

みなさんはじめまして。
ないちゃぬうび』のご観覧、ありがとうございます。

当ブログサイトは、
貯金が無ければ資格も無い。社会経験なんて無いに等しい僕が知り合いのいない石垣島へ移住。
そして今まで全く縁の無かった農業を仕事にする。
このような人間が書き綴っているブログです。

プロフィール

出身地:関東
年齢:30代

趣味:人間観察
音楽:BiSH、マキシマムザホルモン、銀杏BOYZ、小沢健二

座右の銘:「勝負に負けて、試合に勝つ」

人生の履歴

学生時代 - 何不自由なく育てられる

やりたいことに対して、親には全面的にサポートされる。
おかげさまで特技一つで高校、大学において受験という試練を経験していない。

大学在学時に転機

特技一つでここまでの人生を駆け上がってきたが、上には上がたくさん。
大学では特に一日、一年の大半の時間をそれに費やしたが、それでもその上のステップには上がれなかった。

これからの人生、大半の時間を費やすことになるのは”仕事”になる。
就職活動においても特技の力は健在で、イージーモード。
警察、消防、一般企業複数社から内定をもらう。

しかし、今まで休み返上で一つのことに打ち込み過ぎていて、娯楽を含め世間を全く知らない人間だということに気づく。

このまま社会人になっていいのか?
不安あり、重圧からの開放もありで選んだ道は、

上京してフリーター

東京編 - 世界が広がった

テレビっ子はエンターテイメント業界に足を突っ込む。
「働くなら日本で1番のところ。」
無駄にモチベーションが高かった。

別部署を掛け持ちし、社員よりも職場に寄生。

開業医にスカウトされる。
病院で医療事務をしながら今まで通りバイト2つ。

好きな音楽埋もれて、先生との遊びが主な仕事。
仕事ってこんなに楽しいのか?
いや違う。責任感が無かった。というよりも、頼りにされていないだけでした。
仕事終わりはハジケよう!係。

石垣島に初上陸

病院の連休と有休をフルに使い、人生初の一人旅。
「行くなら日本の端っこ。」
極端な選択。

石垣島、西表島に約1か月の滞在。
小さな島にも関わらずキャラの濃いいろいろな人がいた。
まさに異種格闘技。
しかも東京よりも濃厚だったことに衝撃を受ける。

石垣島 - がむしゃら

エンタメ業界の華やかな部分、黒い部分。
酸いも甘いも嚙み分けたつもりで自分の居場所ではないと判断。
というよりも石垣島での経験の方が刺激的だった。

善は急げ。
荷物まとめて飛んだ。
直前まで親に言うの忘れてたくらい。

相変わらず働くことに楽しさを求める

物価高い。
給料低い。
仕事選んでる場合じゃない。

それでも仕事に楽しさを求めた。
同世代なら我慢して社会人してるのに、日本の端っこまで逃げてきた。
現実逃避してるのはわかってる。
だから思いっきり楽しむことにした。

自然の多い島だから、自然に触れ合える仕事がしたかった。
いちばんピンときたのが農業。

学ぶことの楽しさを知る。

その勢いで、家ではHTML、CSSを勉強。
この感覚が学生時代にあったらな。

そして現在に至る。

こんなブログになったらいいな

移住に興味がある方

僕の住んでいる石垣島には、島外、県外から移り住んで生活している人達がたくさんいます。
移住という人生の選択はとても勇気のいる決断だと思います。
それだけの決断ができてしまうほど、石垣島は魅力的な場所です。

移住のきっかけはもちろん、生活の仕方も人それぞれ。
僕の場合、20代前半で”貯金”、”資格”、”社会経験”、”知り合い”全てが無いに等しい状態での移住でした。
それに加え、”農業”にも経験ゼロから挑戦しています。

「苦労しそうだな、やめとこ。」
「こいつで生活できてるなら大丈夫だな。」

僕と同じような人には、移住についてもっと深く考えるきっかけになるかもしれない。
僕よりもお金があって社会経験のある人には、一歩を踏み出す勇気を与えられるかもしれない。
背中を押すブログになるのか、踏みとどまらせるブログになるのか。

是非、今の自分と照らし合わせて読んでみてください。
質問も大歓迎です。

島在住の方

「こんな奴が島にいるのか。」くらいに思っていただき、興味が湧きましたらたまに記事を覗きに来てください。

当ブログでの、これは良い、これが大変、これに驚いた!といった内容は僕個人の主観です。
みなさんにとって当たり前のことでも、僕や移住者、島外で生活している人たちにとっては新鮮であり考えさせられる出来事かもしれないので、少々思い切った発言もあると思います。
ご指摘があれば、お手数ですがコメントいただければと思います。

中には気分を害される方もいると思います。
もちろん迷惑をかけるための行動ではありませんのでご了承ください。

農業に関心がある方

僕はとにかく行動してみる派です。
こうなったのは移住がキッカケといってもいいでしょう。
移住という思い切った行動で、今は楽しい生活が送れています。

一度きりの人生、やらなかった後悔はしたくないです。
もし上手くいかなかったら、違うなと感じたら、また新しい挑戦をしていきます。

農業はそのような考え方で始めてはいけないのかもしれません。
それすら理解していません。

多額の資金が必要といわれる農業を、知識とお金が無くても始めてしまったブログです。
「自然と触れ合える仕事をしたい。」
この衝動が全てです。僕はこういう直感だったり感性を大切にして生き続けていきたいです。

就農を考えている人たちには、夢と希望を与えられるように格好つけず赤裸々に書いていきます。

2019-04-19

Copyright© ないちゃぬうび , 2020 All Rights Reserved.